クボタ 1/32 M7171(欧州仕様) & M7-171(北米仕様)

0
    久しぶりの新製品紹介です。

    今回の商品は数件のお問い合わせを頂いておりました
    クボタ M7171(欧州仕様)」と「クボタ M7-171(北米仕様)」です。

    160323_0.jpg

    実機はクボタが海外で生産・販売しているモデルでして、
    最大170馬力という国内メーカーでは恐らく最大級のモデルです。
    機種名が欧州仕様では「M7171」、北米仕様では「M7-171」となっています。

    なお、国内では北海道でのみ欧州仕様が逆輸入というカタチで販売されてる様です。

    160323_00.jpg

    例によりまして製造は「ユニバーサルホビー」ですが、
    クボタのオフィシャル商品としての国内販売になります。

    では、欧州・北米各仕様の違いから見ていきましょう。

    160323_01.jpg

    160323_02.jpg

    左が欧州仕様、右が北米仕様です・・・
    何やら難易度の高い間違い探しみたいになってますが、
    2点だけ違いがあります、さあどこでしょう?

    正解は・・・

    その1
    ルーフの端に回転灯が付いているのが欧州仕様です。

    160323_03.jpg


    その2
    ボディ側面の機種名表示が違います。

    160323_04.jpg

    えー・・・くまなく探してみたのですが、違いは以上の様です。

    あ、箱の表記も違いました。

    160323_05.jpg


    では各部を細かく見ていきましょう、以下は各仕様共通です。

    フロント周り
    160323_06.jpg

    各ライトはクリアパーツでリアルに仕上がっています。
    グリルのメッシュ部分は印刷で表現されています。
    クボタのエンブレムはメタルインレットでキラリと光ります。


    フロントヒッチ
    160323_07.jpg

    160323_08.jpg

    3か所それぞれ可動します。
    専用のウェイトが付属していて取付可能です。
    フロント用の各種アタッチメントも取付出来ます。


    リアヒッチ
    160323_09.jpg

    ユニバーサルホビーの汎用の物が付いていますので、
    各種アタッチメントに対応しています。
    トップリンクも可動します。


    室内
    160323_10.jpg

    メーターとサブモニターにはデカールが貼られています。
    各レバーやペダルも再現されています。
    残念ながらドアは開きません。


    以上、クボタ 1/32 M7171M7-171 の紹介でした。
    大型のトラクターですので、各種アタッチメントとも合わせやすいと思います。


    オマケ

    以下はクボタ ヨーロッパによるM7シリーズのプロモーション映像です。




    京商 1/32 ヤンマー YT5113

    0
      今回紹介いたしますのは、京商からリリースされました「ヤンマー YT5113」です。
      恐らく同社からは初の農機モデルだと思われます。

      YT01.jpg

      さて、この「YT5113」ですがどこかで見たような顔つきとお思いの方もおられるでしょう。

      それもそのはず、あの奥山清行氏による斬新なデザインで大いに話題になった
      コンセプトトラクター「YT01」を基にした市販バージョンがこの「YT5113」です。
      ※奥山清行氏がいかなる方は Wikipedia をご覧下さい、YT01はこのあたりで見れます。


      では、モデルを見ていきましょう

      YT02.jpg


      縮尺はトラクターの国際スケールとも言える1/32となっています。
      大変雰囲気良く出来ていると思います、フロントウェイトは残念ながら固定されています。


      YT04.jpg
      YT05.jpg

      カタログっぽく撮ってみました、イケメンです、メッキがキレイですね。


      YT06.jpg

      ゴールドのホイールもキレイに塗装されています。


      YT07.jpg

      室内も精密に再現されています、椅子のヤンマーマークまで!


      YT08.jpg

      さて、気になるリアヒッチですが、ユニバーサルホビーとの互換性があります。
      ・・というか全く同じ形状です。恐らくこのモデルを作っているのは(以下略)
      という事で色々な作業機が取付可能です。


      YT09.jpg

      パッケージも中々凝っていまして、外箱のフタを外すと・・・
      この様なカタチで窓が開いています。

      箱の奥には新しいヤンマーのマークとトラクターの写真を組み合わせた
      イメージ画像が印刷されています。


      数少ない国産トラクターのモデルがこのクオリティで出るとはいい時代ですね。

      世界の農機ミニチュアマニアの方々(その3)

      0
        世の中には色々な分野の専門誌がありまして、
        特に海外の雑誌など「そんなのもあるの?」と言う物が見つかったりします。

        そんな雑誌を紹介しましょう、その名も・・・

        「Model Farmer」 そうです、農機ミニチュアの専門誌なのです。

        15-11-12.jpg
        写真は最新号(2015年11-12月号)です。

        この雑誌はイギリスの出版社から隔月刊で年間6冊発行されています、
        もちろん全ページ英語です。


        紙面の内容としましてはは・新製品紹介・製品レビュー
        模型ショーレポート・実機解説・改造ハウツー・絶版モデル紹介・等々です。
        号により内容は多少変わります。

        sample01.jpg
        左ページが新製品情報、右ページはショップの広告です。

        sample02.jpg
        こちらが製品レビューのページです、おすすめ度が星で評価されています。

        sample04.jpg
        こちらは実機解説のページです、農機ショーがある時はその写真が載ったりします。

        sample06.jpg
        農機ショーなどで併設されるジオラマ展示会に出品されている方の作品も紹介されています。


        今回は試験的にバックナンバーも含めて販売いたします。
        カタログ・書籍等のコーナーよりご覧下さい。

        もし年間購読をご希望の方はお申し付け下さい。

        Universal Hobbies1/32 Kubota M9960 with Frontloader 他

        0
          今回はユニバーサルホビーのクボタ製品を3点をご紹介いたします。

          先ずは Kubota M9960 with Frontloader から。

          151022_01.jpg
          151022_02.jpg

          このモデルは以前のブログでも少し触れましたが、
          REXIA (レクシア) MR97 の海外仕様にまります。

          ローダー無しのモデルもあるのですが今回はローダー付を入荷いたしました。

          151022_03.jpg
          ローダーで見えにくいですが、フロントフェイスはREXIA (レクシア)と同じですね。
          ただしこちらにはウェイトが追加されています。

          151022_04.jpg
          写真だけでは分らなかったのですが、
          外装だけでなく内装も塗装だけでなくちゃんと作り分けられています。
          (上がM9960 下がREXIA です)

          さて、このモデル残念な点が1点だけありまして・・・
          フロントのバケットが重たくてローダーを上げた状態をキープ出来ないんです。

          151022_05.jpg
          このくらいまで上がるのですが、つっかえ棒が無いと重さで下がってきちゃいます・・・


          次は Kubota BV5160 です。

          151022_06.jpg
          151022_07.jpg

          これはロールベーラーですね、
          残念ながら後部は開きませんのでベールの出し入れは不可です。

          せっかくなので M9960 に付けてみました。

          151022_08.jpg
          ちょっと大きいかな?


          最後に Kubota DM2032 です。

          151022_09.jpg
          151022_10.jpg

          モーアです、スカート部は軟質素材ですめくったりできます

          これも M9960 に付けてみましょう。

          151022_11.jpg
          折りたたみも可能です。

          以上、クボタのモデルを紹介しましたがこれらは海外からの並行輸入品になります。
          大人の事情で国内販売されなかったモデルです。

          Schuco 1/32 Porsche Master

          0
            今回ご紹介するのはSchuco(シュコー)のPorsche Master(ポルシェ マスター)です。

            シュコーと言えば車や飛行機のミニチュアで有名ですが、
            トラクター等の農機も製造しています。
            (ドイツメーカーの機体が多いです、日本に入っていないメーカーの物もちらほら)

            今回のPorsche Master(ポルシェ マスター)はPRO.R32というシリーズの一品です。
            PRO.R32は1/32スケールの高クオリティな製品のシリーズらしいです。
            Holder A 20(08933)Holder ED II with plough(08931)も同シリーズの製品です。
            他にはVW T1(いわゆるワーゲンバス)やBMWイセッタ等渋いラインナップです。

            ではPorsche Master(ポルシェ マスター)を見てみましょう。

            08947_01.jpg
            08947_02.jpg

            確かに精密に作られていますね、塗装のクオリティも文句無しです。

            ちなみにこのPorsche Masterは1959〜63年に生産されたモデルでして、
            ポルシェのトラクターの中では最も大きくパワーのある機種でした。
            (4気筒3,500cc 50hp)いわゆるフラッグシップモデルですね。


            08947_03.jpg

            なお、このモデルは完全にディスプレイ用でして可動ギミック等はありません。
            前輪も固定でステアしません。
            ボンネット上のクロームのモールがきれいですね。


            08947_04.jpg

            リアヒッチも固定されています。


            08947_05.jpg

            ハンドルや各レバー、ペダル等も精密に再現されています。


            08947_06.jpg

            ボンネット横のロゴもちゃんと読める上にクローム仕上げです。
            この文字、実際は高さ1mm程度です。


            08947_07.jpg

            この様にクリアケースがセットになっています、このまま飾っておくのが正解かと。
            ケースと本体は固定されていませんのでご注意ください。


            ポルシェのトラクターの1/32スケールでは決定版と言っていいと思います。

            なお、この商品は世界限定1000台で生産終了する予定ですので、
            気になった方はお早めにご検討下さい。

            世界の農機ミニチュアマニアの方々(その2)

            0
              今回は農機ミニチュアコレクターの方々に
              きっと役に立つ(であろう)サイトを紹介します。

              farmmodeldatabase.com です。

              要は農機モデルのデータベースなのですが、
              古今東西ほぼ網羅されてるんじゃないかというくらい充実しています。
              (本日2015/9/17時点で8420点だそうです・・・スゴイ)
              もちろん販売終了した製品等も掲載されています。


              スクリーンショットです

              実機メーカー・モデルメーカー・スケール・機械の種類(トラクター、作業機等)
              から検索出来ますし、直接検索も可能です。

              このサイトは個人で作っているわけではなくて、
              同好の方々が集まって作成されいまして、
              会員登録すれば誰でも記事を作成・編集出来ます。(Wikipediaの様な感じです)


              余談ですがウチの写真が使われているのを発見しました(笑)

              Kubota M135G なんですが、特に連絡もありませんでした・・・


              スクリーンショットです

              クボタ 1/32 GLOBE M135G まんまこの写真です。



              まあ、海外のマニアの方に認めてもらったと思えば
              特に目くじら立てるほどの事でもないんですけどね。

              実際ウチのサイトは海外からのGoogle画像検索経由のアクセスも少なからずあります。


              それはさておき、あの機械のミニチュアあるのかな?という時に便利なサイトですよ。
              (少々の英語力が必要ですが・・・)

              Wiking 1/32 Fendt 939 Vario (2014)

              0
                今回ご紹介するのは「Wiking 1/32 Fendt 939 Vario (2014)」です。

                本来なら新入荷の時に紹介するべきでしたが・・・

                077343_01.jpg
                077343_02.jpg

                末尾に(2014)と入っているのは、以前同社からリリースされていた
                「Fendt 939 Vario」のモデルチェンジ版だからです。
                (モデルチェンジ前の物は生産終了いたしました)

                077343_03.jpg
                077343_04.jpg

                間違い探しの様ですがどこが変ったか分りますか?
                (色が違って見えるのは私の撮影技術のせいです・・・)


                「Wiking」のトラクター全般に言える事ですが、多彩なギミックが魅力です。

                077343_05.jpg
                ボンネット開閉(エンジンも再現)
                運転席ドア開閉(モデルによっては両側のドアが開きます)

                077343_06.jpg
                リアウィンドウ開閉
                リアヒッチ可動

                077343_07.jpg
                フロントヒッチ可動
                専用ウェイト付属


                「Wiking」のトラクターのリアヒッチは独特な形状をしています。
                (実機に近い形状と言った方が正しいのですが・・・)

                同社の作業機ならばすんなりセット出来るのですが、
                他社の作業機はそのままではセット出来ません。

                そこで「Wiking 1/32 Adapter coupling」を使います。
                (以前にも紹介した気がしますが、改めて紹介します。)


                077343_09.jpg

                本来このアダプターはSIKU(シク)のアタッチメントを取り付ける為の物で、
                メーカーもその様にアナウンスしています。

                ですので、SIKU/シク以外のメーカーのアタッチメントも、
                基本的には取付可能ですが稀に取付出来ない場合があります。

                まあ、経験上はほとんどのアタッチメントは取付できます、安心して下さい。

                クボタ 1/32 REXIA(レクシア) MR97

                0
                  今回紹介するのは「クボタ 1/32 REXIA(レクシア) MR97」です。

                  この商品はクボタのオフィシャル商品なのですが、
                  製造はユニバーサルホビーが行っています(箱のウラにも明記されています)。

                  150903_01.jpg
                  150903_02.jpg


                  という事でリアヒッチはユニバーサルホビー準拠なので、
                  各種アタッチメントが取付可能です。

                  150903_03.jpg


                  以前リリースされた「GLOBE M135G」との比較です、
                  こうやって並べると小ぶりなトラクターなのが分ります。
                  まあ、GLOBEが100〜130馬力で、
                  REXIAが77〜97馬力なので大きさが違って当然なのでしょうが。

                  150903_04.jpg
                  150903_05.jpg



                  ユニバーサルホビーのカタログをご覧になられた方は気付いたかもしれませんが、
                  実はこのモデル今年の新製品としてアナウンスされていた
                  「Kubota M9960(UH4282)」の日本仕様になります。

                  150903_06.jpg

                  下が「Kubota M9960」です(写真はユニバーサルホビーのHPより転載)

                  150903_07.jpg
                  150903_08.jpg

                  こうやって比べると少なからず違いがあるのが分りますね。

                  なお、ユニバーサルホビーの「Kubota M9960」は国内販売は見送られる模様です。
                  まあ、大人の事情といいますか・・・

                  当店では「Kubota M9960」の並行輸入による入荷を検討していますので、
                  気になる方はお問い合わせ下さい。

                   

                  世界の農機ミニチュアマニアの方々(その1)

                  0
                    今週は新入荷・再入荷が有りませんので、製品レビューはありません。

                    暑くて脳みそが溶けそうです・・・

                    さて、そんなことは置いといて、
                    海外にはすごいマニアの方々がいらっしゃいまして、
                    例えば下の写真をご覧ください





                    実はこれジオラマなんですねー・・・すげえ
                    あ、もちろん私が作ったわけではありませんから。

                    使用されているのは一般的に売られている1/32のミニチュアを改造した物のようです。

                    興味のある方は以下のリンクからサイトをご覧になって下さい。
                    時間を忘れて見入ってしまう事請け合いですよ。

                    farmmodels.net

                    ウェザリング(汚し塗装)のハウツーなんかもあったりして、
                    なかなか勉強にもなりますよ(もちろん全部英語ですが・・・)、
                    いきなりタミヤの塗料が出てきたりしてびっくりしますが。

                    いつかこんなジオラマ作ってみたいですねー

                    脳が溶けかかっているので、今日はこれで終わりです・・手抜きとか言わないで・・・

                     

                    訳アリ品とは

                    0
                      本日より訳アリ品を大量放出(?)しています。

                      ウチでは取り扱い商品の半分以上を海外から仕入れているのですが、
                      業者によっては中々荒っぽいトコロもありまして・・・(苦笑)

                      まれに箱がつぶれてたり、破れているモノがあったりします。
                      (とはいえ問題のある商品の割合的には1%にも満たないのですが)

                      そういった商品を訳アリ品として値引きして販売しているのですが、
                      中身は問題ありませんのでぜひご検討下さい。

                      例えば・・・

                      150723_01.jpg
                      うん、べっこり行っちゃってますね・・・


                      150723_02.jpg
                      透明部分がはがれちゃっています・・・


                      150723_03.jpg
                      多分箱を開けるときにカッターで豪快にいっちゃったんでしょうね・・・orz


                      150723_04.jpg
                      クリアケースは割れやすいんですよね・・・


                      まあ殆どがこの様な感じですので「箱なんていらねーぜ!」って方には
                      お得だと思いますので是非ご検討下さい。

                      中には商品自体に問題が有るモノもありますので訳アリ理由を必ずご確認下さい。

                      デッドストック(生産終了)の商品もありますのでお早めに!


                      っと・・これだけではあまりにも記事が短いのでオマケを少々

                      以前とある展示会にて見かけた「John Deere 6430 Premium」(実機)の写真です。


                      150723_05.jpg

                      150723_06.jpg

                      150723_07.jpg

                      150723_08.jpg


                      なんと4輪クローラー仕様なんです、珍しくないですか?


                      カッコイイというより何だかカワイイ気がしますがどうでしょう?

                       

                      | 1/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM